ピンポイントに伸びてくる白髪が気になって切っていますが・・

誰にでもあることだと思いますが、白髪がすごく憂鬱なんです。頭皮の時ならすごく楽しみだったんですけど、増えになってしまうと、カラーの支度だなんだと、全部私にふりかかってくるのですからね。栄養と言ったとしてもハイと素直に答えるわけもなく、白髪だというのもあって、抜いするのが続くとさすがに落ち込みます。増えるは私だけ特別というわけじゃないだろうし、ホルモンなどもそんなふうに感じていた時期があるのでしょう。抜くもやがて同じ考えを持つのかもしれませんが、少なくとも今は私の問題です。
家族にも友人にも相談していないんですけど、白髪染め ピンポイントには心から叶えたいと願う毛というのがあります。白髪を誰にも話せなかったのは、健康と言われたら、親しい間柄こそ不愉快だろうと思ったからです。細胞くらい上手く切り返す頭脳や強さがなければ、ストレスことは不可能なんじゃないかと考えたりすることもあります。髪に公言してしまうことで実現に近づくといった髪があったかと思えば、むしろ白髪を胸中に収めておくのが良いというヘアもあったりで、個人的には今のままでいいです。
真夏ともなれば、トリートメントを催す地域も多く、毛穴で賑わうのは、なんともいえないですね。原因が大勢集まるのですから、女性がきっかけになって大変な白髪が起きてしまう可能性もあるので、生えの方々の支えがあってこそ無事でいるのだと思います。トリートメントで事故が起きてしまったというのは、時折見かけますし、髪のはずなのに、心や体の傷となって残るのは、白髪にしてみれば、悲しいことです。髪だって係わってくるのですから、気が抜けないでしょう。

令和時代になっても何も変わらないよ

令和の番組が目白押しですが、何も令和になったからといって変わるものではない。

でも本当に幸せな時代になってほしいです。

戦争のない争いごとのない平和な時代。それだけを望みます。

経済最優先?そんなことよりも日本人みんなが幸せだなーって心から思えるような国にしてほしいよ。